介護保険の申請と流れ

介護保険の申請と流れ

介護保険の申請


介護保険は健康保険とは違い、介護保険のサービスを受けるためには、まず申請が必要となります。

但し、申請した人全てが利用できるわけではなく、申請して「要介護・要支援の認定を受けた人のみ」が介護保険のサービスを受けることができます。

申請~認定までの簡単な流れとして①申請 ⇒ ②訪問調査 ⇒ ③1次判定 ⇒ ④2次判定 ⇒ ⑤認定(結果通知)このような流れで認定を受けます。

①申請

介護保険,申請介護が必要となった時には、まずお住まいの市区町村窓口にて行います。

また、利用者や家族の代わりに指定居宅介護支援事業者等に申請を代行させることも可能です。

入院中の場合でも退院後に介護保険の利用を希望する場合は申請を行うことができます。

申請の際に必要なものは「申請書」と「被保険者証」です。被保険者証が手元にない場合は交付申請も同時に行います。


②訪問調査

訪問調査は、申請を受けた市区町村が利用者本人のところに調査員を派遣します。

調査員は、所定の調査票をもとに家族構成や生活・心身状況等を質問形式で本人や家族に質問し、調査するとともに主治医の意見を求め、これらの結果を認定調査会に通知して、その審査判定を求めます。


③一次判定

一次判定の方法は訪問調査の調査結果をコンピュータで分析し、判定します。これは仮の判定となります。


④二次判定

二次判定の方法は、一次判定の結果を原案として調査票の特記事項、主治医の意見書、状態像の例などを用いて検討を加えられ審査されます。

これは市区町村設置の「介護認定審査会」という保険・医療・福祉の学識経験者5名ほどで構成された機関で行われます。


⑤認定

市区町村は、二次判定の結果を利用者に通知します。

認定結果は、原則として申請した日から30日以内に利用者あてに通知されることになっています。

以上のような流れで申請して認定されてから、やっと介護保険のサービスを受けることが可能となるのです。

スポンサードリンク
Facebook にシェア
[`twib` not found]
LINEで送る

関連記事

  1. 介護保険の認定まで

トラックバックURL

http://kaigohokenryou.com/shinsei/shinsei.html/trackback