介護保険で利用できる施設

3分でわかる介護保険料 > 介護保険サービス > 介護保険で利用できる施設

介護保険で利用できる施設

介護保険で利用できる施設


介護保険,介護施設介護保険施設とは介護保険を利用して入所・入院できる施設のことです。

施設サービスを提供する施設は介護老人福祉施設(通称:特別養護老人ホーム、特養)、介護老人保健施設(通称:老健)、介護療養型医療施設(通称:療養病床)の3種類に大別され、それぞれ提供するサービスの内容や利用者の状態が異なります。

①介護老人福祉施設(別称:特別養護老人ホーム、特養)

著しい身体障害や精神障害のため、常に介護を必要とし、在宅では介護を受けることが難しい寝たきり等の高齢者が入所しています。

初期費用は必要なく要介護度が高くなるほど入所が優先され比較的安価でサービスが受けられます。終身利用が可能なため、入所希望者の待機期間が長いのでなかなか入所できないことが多いです。

生活上の介護が中心となり、レクリエーション行事も沢山あり、お花見会、クリスマス会など、ご家族に対しても会報の送付、レクリエーション行事への参加の呼び掛けなど生活面でのサービスが充実していることが特徴です。


②介護老人保健施設(別称:老健)

病状が安定していて入院治療するほどではないが介護や看護、リハビリテーションなどを必要とする高齢者が家庭復帰を目指している方が入所しています。

初期費用は必要なく、要介護度が高くなるほど高くなりますが比較的安価でサービスが受けられますが家庭復帰を目標としているため、3ヶ月で退去しなければいけないケースもあります。

家庭復帰を目的としたリハビリテーションや看護が中心となり、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の指導をもとに目標を定めて計画的にリハビリテーションを行うことが特徴です。


③介護療養型医療施設(別称:療養病床)

病状が安定しているが24時間医療や介護サービスを必要とする者が入院しています。

初期費用は必要なく、要介護度が高くなるほど高くなり、加算費用が発生するため①、②に比べると一般的に費用は高くなります。

入院患者の症状や心身の状態の把握など医療面でのサービスが中心となります。

施設サービスは介護スタッフも大量に必要となるため、現在どの施設でも介護スタッフの人員不足が深刻な問題となっています。

スポンサードリンク
Facebook にシェア
[`twib` not found]
LINEで送る

関連記事

  1. 介護保険と障害者立支援法
  2. 介護保険による住宅改修

トラックバックURL

http://kaigohokenryou.com/service/shisetsu.html/trackback