介護保険による住宅改修

3分でわかる介護保険料 > 介護保険サービス > 介護保険による住宅改修

介護保険による住宅改修

介護保険サービスの住宅改修


介護保険によるサービスの1つに住宅改修があります。

住宅改修とは住み慣れた家を改修する(バリアフリー)ことで、長く暮らしていけるように自立や介護をしやすい生活環境を整えることが目的です。

介護保険,住宅改修介護保険サービスでは住宅改修費を原則として、一生涯20万円を限度に改修が必要と認められた部分については受領印払い若しくは償還払いで支給されます。

ちなみに償還払いとは、費用を利用者がいったん支払い、その後、市町村に申請をしてから費用の9割分を償還(払い戻し)を受けることです。

限度額に達するまでは複数回の利用が可能ですが1割だけ(20万円の改修をした場合、実質支給される額は9割の18万円までが支給)利用者の負担となります。

さらに転居した場合や介護度の段階が3段階以上あがった場合には、再度20万円限度の給付を受けられます。

住宅改修の工事対象について


厚生労働省が定める居宅介護住宅改修費等の支給に係る住宅改修の工事種別対象となる種類は下記のとおりです。

① 手すりの取り付け
② 段差の解消
③ 滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
④ 引き戸等への扉の取替え
⑤ 和式便器を洋式便器に取替え(洋式トイレの便座を洗浄機能付きにすることのみを目的とした改修は認められていません。)
⑥ その他(①~⑤の改修に付帯して必要となる改修)


施工する事業者は自由に選ぶことができます。複数の施工事業者の見積もりを比較するなど、ご自身に合った施工業者を選択できるようになっていますが住宅改修費の支給には「着工前に事前申請」が必要です。

住宅改修の手続きに必要な書類


住宅改修費の支給を受けようとするときは、あらかじめ申請書やケアマネジャー等の理由書などの決められた書類を市町村に提出し手続きしなければなりません。

★手続きに必要な書類(事前申請)

① 保険者の指定する住宅改修費支給申請書(事前申請用)
② 工事費の見積書
③ 住宅改修が必要とするケアマネジャー等の理由書
④ 平面図(場合により立体図)
⑤ 住宅改修前の状況がわかる写真(日付入り)


申請方法は各市区町村によって多少異なる場合がありますので提出する際には、必ず個別にご確認下さい。また事前申請せずに住宅改修を行われると住宅改修費は支給されませんのでご注意下さい。

トラブルを避けるには予め住宅改修を行う時はケアマネジャーや施工業者等に必ず相談をするようにしましょう。

スポンサードリンク
Facebook にシェア
[`twib` not found]
LINEで送る

関連記事

  1. 介護保険と障害者立支援法
  2. 介護保険で利用できる施設

トラックバックURL

http://kaigohokenryou.com/service/homekaisyu.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です