介護保険の特定疾病

介護保険の特定疾病

介護保険の特定疾病16


介護保険,特定疾病介護保険では、第一号被保険者(65歳以上)は介護が必要な状態になった場合、無条件で認定を受けて介護保険のサービスを受けることができます。

第二号被保険者(40~64歳)については「特定疾病が原因で」介護が必要な状態になった場合のみ認定を受けて介護保険のサービスを受けることが可能です。

更に介護保険での特定疾病とは「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病」を示し、具体的には政令で以下の16種類と定められています。


1.がん(がん末期)
※医師が医学的知見に基づき回復の見込みがないと判断した、いわゆる「末期がん」に限られる。

2.関節リウマチ

3.筋委縮性側索硬化症(ALS)

4.後縦靱帯骨化症(OPLL)

5.骨折を伴う骨粗鬆症

6.初老期における認知症
※アルツハイマー病・脳血管性痴呆・ピック病・ヤコブ病・クロイツフェルトなど

7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)

8.脊髄小脳変性症

9.脊柱管狭窄症

10.早老症(ウェルナー症候群)

11.多系統萎縮症

12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症

13.脳血管疾患

14.閉塞性動脈硬化症(ASO)

15.慢性閉塞性肺疾患 ※慢性気管支炎・気管支喘息・肺気腫・瀰漫性汎細気管支炎など

16.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形症関節症


特定疾病に該当するかどうかは、厚生労働省が市町村に送られている診断基準を通知したものを参考にし、主治医の意見書の記載内容に基づいて市区町村の介護認定審査会が確認を行います。

診断基準は、厚生労働省特定疾患調査研究班(神経変性疾患調査研究班)によるものを参考にして下さい。

尚、交通事故などが原因で介護が必要になった場合は、介護保険の給付を受けることができません。

私たちは、この介護保険制度によって介護が必要になった時に守られることになりますが普段から健康に気をつけて生活し、介護保険特定疾病にかかるリスクを少しでも抑えるように努めて生活していくことが最も重要なことだと言えるでしょう。

スポンサードリンク
Facebook にシェア
[`twib` not found]
LINEで送る

関連記事

  1. 介護保険が適用外なケース
  2. 介護保険料の計算方法

トラックバックURL

https://kaigohokenryou.com/riyou/tokuteishippei.html/trackback