介護保険の年末調整

介護保険の年末調整

介護保険の社会保険料控除


介護保険料は、医療保険・がん保険などと同様に社会保険料控除の対象となります。(「介護医療費保険料控除」に適応される)

従って、年末調整や確定申告(または市民税の申告)の際に、社会保険料として申告することができます。

ただし、普通徴収により納付している配偶者等の介護保険料を、実際に自分が支払っている場合には控除できますが、特別徴収(年金から天引き)の方は、本人からの申告でのみ控除の対象となります。

年末調整について


年末調整とは、勤め先の事業所等が会社員や公務員などの給与所得者に対して、1~12月の1年間に支払った給与や源泉所得税につき、12月の最終支払い日に、その過不足を調整する仕組みのことです。

介護保険,税務署原則として所得税の納税は、確定申告によって行うものですが会社員や公務員の場合、給与から天引きすることで源泉徴収しています。

ただし、源泉徴収されている所得税額には生命保険料の控除や、病院で医療費の控除するようなことは反映されていないため、必ずしも所得税の合計と本来納税する所得税の額が同じになりません。

つまり、源泉徴収は概算による所得税額のため、年末調整に正しく所得税額を算出し、これを精算することで納税が終了するため、確定申告をする必要がなくなります。

確定申告とは、個人事業主等の個人が1月1日~12月31日を課税期間として、その期間内の収入や支出、所得のすべてを計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定する手続きのことです。

スポンサードリンク
Facebook にシェア
[`twib` not found]
LINEで送る

関連記事

  1. 介護保険の問題点
  2. 介護保険と生命保険
  3. 介護保険制度の改正

トラックバックURL

http://kaigohokenryou.com/kaigohokenseido/nenmatsu.html/trackback