3分でわかる介護保険料

介護保険料とは?

介護保険料とは、介護保険の被保険者が支払う保険料のことです。この保険料は、介護保険制度の維持のために、下記のように2つに区分され強制的に課せられています。

第1号被保険者(65歳以上)
第2号被保険者(医療保険加入の40~64歳)


■ 第1号被保険者の保険料について 第1号被保険者の保険料は市町村によって基準額があります。この基準額の計算方法は市町村によって異なります。

所得が低い人は段階的に保険料が軽減されるしくみとなっており、2015年4月からは軽減率が拡大されることになりました。 ただし、非課税であることが前提とされています。

■ 第2号被保険者の保険料について 一方、第2号被保険者の保険料は、国民健康保険、健康保険組合などの医療保険者が医療保険料と一括で徴収し、これを支払基金でプールしてから市町村に交付します。

このように第1号被保険者と第2号被保険者では、保険料の納め方や金額が全く異なります。当サイトでは、介護保険の仕組みや最新情報など詳しく解説します!
スポンサードリンク

介護保険料の関連記事

介護保険制度の改正

介護保険制度の改正について 介護保険制度は3年を目途に報酬の見直しなどの小さな改正と5年を目途に大きな改正が行われています。 そして2015年(平成27年)は介護保険制度がスタート…

介護保険の申請と流れ

介護保険の申請 介護保険は健康保険とは違い、介護保険のサービスを受けるためには、まず申請が必要となります。 但し、申請した人全てが利用できるわけではなく、申請して「要介護・要支援の…

介護保険の特定疾病

介護保険の特定疾病16 介護保険では、第一号被保険者(65歳以上)は介護が必要な状態になった場合、無条件で認定を受けて介護保険のサービスを受けることができます。 第二号被保険者(4…

介護保険料の計算方法

介護保険料の計算方法 介護保険料は、年齢や職場などで納め方が3通りに分かれています。保険料の計算方法も全て違ってきます。 ①65歳以上の介護保険料 計算方法=基準額×段階…

介護保険と生命保険

生命保険会社の介護保険介入 介護保険制度ができる以前は高齢者介護は家族が行ない、これを老人福祉サービスや老人医療サービスが支えていました。 しかし、本格的な高齢化とともに寝たきり等…